エンジニアのコラム

【エンジニア転職の読み物】派遣は怖がらなくていいよ

どうも、みーまです。

エンジニアの転職を目指して活動していると、色んな悪い噂をSNS上でよく目にすると思いますが、その中でも頻繁に聞く話があります。

  • 派遣はブラックやガチャが多い
  • 派遣じゃなくて正社員のほうがいい

果たして実際のところどうなのか。どう対応するのが正解なのか、派遣の選択肢はエンジニアとしてアリなのかナシなのかを書いていきます。

(参考)派遣、SESとは?

まず、派遣とSESを軽く説明します。

派遣とは

派遣社員は、派遣会社の社員になって、会社が契約した企業に働きに行きます。直接の指示は現場の人が出します。

SESとは

SESは、SES会社と契約して、会社が契約した企業に働きに行きます。直接の指示はSES会社が出します。

結論。工夫してリスクを減らせるなら、派遣も全然良い

時間外労働条件も分かって、スキルも分かって、やることも給与も分かってるなら、別に派遣でも良いと思います。

派遣って悪いイメージ付いてますけど本当は使いこなせれば好待遇なんです。

社会保険も労働保険も入ってくれますし、年末調整や源泉徴収票出してくれて、それでいて色んな会社を転々としても履歴書に何も増えない。

エンジニアとして経験積むなら最高の条件なんですよね。

悪い噂は、正解だけど、正解じゃない。

派遣で嫌な思いをした人は、絶対正社員になる為に頑張るし、みんなにも同じ目にあってほしくない思いが先行してるので、特に例外があるか調べ直ししてない気がします。

SNS上で言われることは物事のイチ側面だけで、嘘ではないと思いますが、個人的状況が多分に含まれた(ポジション)トークです。

次からは、ブラックって?ガチャって何だっけ?ということを考えていきます。

働く前に条件を全て聞いている人はそんなにブラック呼ばわりしない

これは真理だと思うんですが、働く前に条件を全部聞けている人は、そこまで過激に呼んだりしないんですよね。

不満はあるにせよ、自分が同意して参画してるんで。

時間外労働の目安を事前に知る。辞めたい時に辞める。

例えば時間外労働でも、普通のところなら情報はちゃんとあります。今ある案件の中で事前に提示できるものがないエージェントならヤバイんで、紹介は断ったほうがいいですね。

派遣社員は契約期間があるんで、あなたが経験を積みたくて短期的にコミットするつもりなら、(可能な限り)短めの契約更新にしておいて、辞めたい時に更新せず辞めたらいいです。

社員待遇なのに楽に辞められるのは派遣の利点だと思いますね。

案件の詳細を事前に知ればガチャでもブラックでもない

時間外条件の他に、案件の詳細もきちんと確認しましょう。「やること」だけではなく、「必要スキル」もです。

単価が安くても内容が勉強になる良い案件なら、一旦そこで経験を積んで次のステップに行くことも、派遣ならやりやすいです。

多重請け構造問題は確かにあるが・・・

その案件は、何次請けでしょうか? 直請け? 2次? 3次? はたまた5次でしょうか?

開発業は急に人数の必要な案件が入ると外注を出して人を補充したりします。これが何重にもなると、「多重請け構造」になるわけです。2次請けの人は充分な単価なのに、5次請けがあり得ないほど安いということもあります。

ただ、派遣は時間単価なんで、勉強目的で内容を見ても安すぎと思うなら、請けなければ良いだけです。

担当エージェントは変えてもらえる

必要スキルは分かりません」「3日で返事をください」というエージェントの元で契約すると失敗しやすいです。

こんなエージェントは、自分の成績第一の可能性もありますね。話をちゃんと聞けていない内に働くと、結果的にブラックやガチャになってしまいます。

契約を急かすような人が居るところは、短期的には仕事に困らず良いかもしれませんが、あなたのことは考えていないので、長期的に見てダメです。

派遣の恩恵を最大に生かすなら、ちゃんとしたエージェント会社を選ぶのが一番

正直、エージェント会社がダメだと、こちらではどうしようもできないですね。派遣先企業に直接電話もできるでしょうけど、それも感じ悪いですよね。

結局は、信頼できるエージェント会社に頼むのが一番です。

信頼できる派遣エージェント2社を紹介

エンジニア専門派遣のパーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは、エンジニア専門の派遣・転職エージェントです。

関東、関西、東海にエリアは限定されますが、プログラマーからエンジニア、テクニカルサポートまで、ITエンジニアの他、デザイナーからCADオペレーターまで、沢山の職種や働き方が選べます。

未経験でもオンラインから職務経歴を登録すれば、すぐにあなたにあった仕事が紹介してもらえますよ。

未経験者には情シス(情報システム部)の紹介がされる場合がありますが、これはIT系の総務課みたいな感じなので、ゼロ経験から始めるには良いかもしれませんが、エンジニアとしてのキャリアは無いので、受けるかはちゃんと考えてください。

パーソルテクノロジースタッフに登録する

仮登録のままだと案件が紹介できないので、紹介を受けたい場合は必ず職務経歴を登録して本登録まで済ませましょう!

世界80カ国以上のネットワーク・マンパワー

マンパワーは派遣や正社員など様々な雇用形態を紹介してくれる、米国マンパワーグループの日本法人が作った派遣会社です。

全国規模の派遣会社は地方案件が少なめなんですが、ここは案件数も豊富で、地方の人でも良案件が見つかりやすいですね。

登録会という面談を予約しなきゃいけないのはネックですが、ちゃんと相談して決めたい人にはオススメですね。

マンパワーに登録する

 

まとめ

まとめです。

  1. 案件の条件をしっかり提示してくれて、
  2. こちらの希望を聞いてくれて、
  3. 福利厚生の手厚いエージェント

なら、派遣はアリですね。派遣エージェントを上手く使いこなして、いい経験を積みましょう。