ITエンジニア

有名WEBプログラミング無料講座2種を体験者が比較してみた

HTMLの画像です。

この記事について

この記事は、WEBプログラミング無料講座の「プログラミング基礎の完全ロードマップ(無料版)」(以下、ロードマップ)を学習した私が、同じくWEBプログラミング無料講座である「30DAYSトライアル【ゼロから始めるコーディング学習】」(以下、デイトラ)を体験、記事の比較を行い、感想と共にまとめたものです。WEBプログラミング無料講座について、どれを始めようか悩んでおられる方は参考にしてみてください。

あくまでも個人の感想です。各講座の記事は無料で閲覧可能ですので、実際の評価はご自身で判断してみてください。デイトラはアップデートが多く、都度リライトしています。

有名WEBプログラミング無料講座2種を体験者が比較してみた

 

私について

CEエンジニアを約20年やっています。マナブさんのロードマップに出会うまでは、HTMLはほぼ未経験でした。(ホームページビルダーでの作成だけ有り)

マナブさんのロードマップ(無料版)では模写サイトの1つ目作成まで実施していますので、HTML,CSS,Bootstrapの仕組み、記述、エディターの操作等ある程度は理解しているとお考えください。(下記は模写した結果の画像です)

模写サイトのサンプル画像です。

2つの講座について

プログラミング基礎の完全ロードマップ(無料版)」は、プロブロガーのマナブ(@manabubannai)さんが考案された10ステップ講座+案件獲得活動のセットです。

30DAYSトライアル【ゼロから始めるコーディング学習】」は、フリーランスエンジニアのショーヘー(@showheyohtaki)さんが考案された、コーディング学習から案件獲得活動までを30日に分割した講座です。

おふたりの面白いところは、日本で生活していないところですよね。東南アジアの平均月収は日本の半分~3分の1程度なので、日本からの案件を受けつつ、海外で生活することも可能なんです。いわゆるデジタルノマドというやつですね。(もちろん、ビザや納税などの話は尽きないですが。)

 

 

共通していること

両講座とも、HTML,CSS,Bootstrapなどを学習し、WEBページを作成できるようになるスキルを身につけ、案件受注するまでの講座です。何人もの受講生が案件受注の成果を出しておられます。

ロードマップ受講者さんのツイート

#30DAYSトライアル(デイトラ公式ハッシュタグ)

ロードマップ無料版には公式のハッシュタグが見つかりませんでした。

しかしながら、講座の中身や目標の最終到達点など、違いが見られましたので、比較の上、説明していきます。

 

2講座の比較一覧

ひとまず内容を一覧にしてみました。

※あくまでも個人で確認した結果です。実際の評価はご自身で受講して判断ください。

 

2019.05 デイトラで採用していたドットインストールのBootstrap講座がプレミアム会員限定となった為、表を更新しました。

2019.08 ロードマップ側のSlackコミュニティの閉鎖が告知されましたので更新しました。

比較ポイント ロードマップ(無料版) 30DAYSトライアル(1st)
目標 WEBページ作成で月額5万円達成
受講にむいている方 資金に余裕が無く、学習に予算を割けない方。自己解決がマストな方。 学習に10002000円程度であれば毎月支出が可能な方。SNSで共有していきたい方。
申し込み 不要(自由に開始できます。)
学習にかかる諸費用(PC、回線などは除く) 無料 1960円/月(Progate/ドットインストール有料会員講座学習の為)
総学習期間 1-3ヶ月程度(生徒さん実績による) 最短30日
課題別学習時間 記載なし(自由) 2-4時間/日
案件提案対象 クラウドソーシング SNS、友人関係など
学習内容
HTML学習 あり あり/一部有料
CSS学習 あり(基礎+応用) あり(基礎+応用)
Bootstrap学習 あり(基礎) あり(基礎+応用)/一部有料
Emmet(コード短縮記述) なし あり
提案技術・交渉テク あり あり
フォローアップ・共有
TIPS 別記事(少ない) 同記事(多い)
ツール紹介 少ない 多い
トラブルフォロー teratailで自己解決推奨/Slackコミュニティ(8月閉鎖発表) Slackコミュニティ
SNS 特になし Twitter公式ハッシュタグ

 

 

 

比較詳細

諸費用

ロードマップに有料のものは含まれていませんが、デイトラの一部コンテンツは「Progate/ドットインストールの有料講座」」を含んでいます。980円のProgate会員費、ドットインストールの会員費がかかりますが、講座完了目安の期間内に完了できれば、1−3回の支払いで済むでしょう。

1円の予算も厳しい!のであれば、ロードマップ一択になるでしょう。

Progate、ドットインストールは扱っている言語も豊富で、スライドや動画を見て学べるので、プログラミング初学者に良いスクールですよ。

 

総学習期間/課題別学習時間

総学習時間はデイトラのほうが短いですが、講座としてはかなり内容が詰まっています。ただ、講座内にはTIPSも多く、楽しく学習できるように構成されています。

学習時間を確保し辛い方は、前述のProgate有料会員が勿体無いかもしれませんので、時間が自由なロードマップも十分検討に入るでしょう。

 

案件提案対象

ロードマップでは課題の制作物ができたら、クラウドソーシングサイトの提案に挑戦する、実戦的な方針です。コミュニティやSNSにアップすればコードレビューして貰えますが、確約ではありません。

デイトラでは、まずは知人友人、SNSでの提案を勧めています企業が求める技術要件には、デザインカンプからの素材の用意、ピクセルパーフェクトなどが求められる為です。

経験を積む意味でも、企業への提案は技術を更に得てからのほうが、受注後のトラブルも避けられるでしょう。もちろん、ロードマップ修了生も、先に知人友人に提案して構いません。

 

 

HTML/CSS/Bootstrap

LP(ランディングページ)作成に注力するのであればロードマップ/デイトラどちらでも受注可能な段階に進めると思います。

個人的にはProgateの道場は自身のスキルを測る上で良いと思います(特に中級~上級)。WEBコーディングを長く続けるつもりであれば、ロードマップの方も道場だけは受講したほうが間違いないでしょう。

Bootstrapについてよりしっかり学習できるのはデイトラだと思います。Bootstrapのハンズオンが豊富です。Bootstrap素材からBootstrap感を除く」テクニックも教えています。

2019.05 デイトラで採用していたドットインストールのBootstrap講座が有料になった為、ここでも980円/月がかかるようになりました。これから学習する方はお気を付けください。

 

Emmet

Emmetを紹介しているのはデイトラのみです。しかし本来の記述を知っていないと短縮記述に混乱する為、デイトラでもDAY10までは紹介に留めています。

導入方法を調べて30分ほど操作方法に慣れれば皆利用できるもので、特別な機能ではありませんロードマップの方もページ模写直前くらいから学習することをオススメします。

 

TIPS

ロードマップは1枚記事で構成されており、TIPSは主に同ブログ内の別記事で紹介されています。「自分で問題は解決したい」 「問題解決の記録もどこかでアウトプットするつもり」な方は、ロードマップが適しているかもしれません。

デイトラでは講座内にTIPSが多く配置され、中には図解が得意な生徒さんや、講座終了生のブログ記事など、問題に先回りした情報が豊富です。わかりやすい分、苦労した思い出というのは少なくなってくるでしょう。(そんなものは要らないかもしれませんが笑)

自己解決力もエンジニアには大切なスキルですので、学習中から自己解決力をつけていくのは大切です

 

 

ツール紹介

ロードマップでは主にエディター、必須ツール(Chrome)のみです。

デイトラでは前述の他にロゴ、バナー作成ツール等、実践でも利用可能なツールが記事内で紹介されていきます。

コーディングのみ案件しか取らない予定の人は素材を依頼主から入手しますので、余計なツールは不要かもしれませんね。

 

トラブルフォロー・共有

ロードマップでは過去にSlackコミュニティがありましたが、閉鎖された為、質問は自己解決するのが主体です。マナブさんへ質問したい方はTwitter経由が良いでしょう。

デイトラではショーヘーさんが参加しているメディア「東京フリーランス」のSlackコミュニティに参加します。加者は通常の雑談や報告部屋に加えて、希望者には参加時期が同じクラス人同士での専用部屋(クラス)に入れて貰えます。開始時期が近い人とのコミュニケーションは活発でしょう。こちらはショーヘーさんの他に、「東京フリーランス」の関係者さんも活発に発言されていて、雰囲気の良いコミュニティですデイトラの2ndまで修了した方で一定のスキルがあると認められた方は、案件紹介されることもあるようです。

Slackの登録は簡単でメールアドレスがあれば登録できます。コミュニティには同じ立場の仲間がいますので、気軽に登録しましょう。

デイトラではTwitterで活発なハッシュタグがありSNS上も活発ですが、ロードマップの無料版には一部の参加者が発言しているハッシュタグのみでした。

 

 

感想

先にロードマップを学習した生徒が言うのは憚れますが、控えめに言っても30DAYSトライアルが凄く、まさに至れり尽くせりという感じです。2nd、3rdまで含めるなら、寄り道(個別での追加学習)は基本必要ないと思います。

しかし、努力で成功した「努力の鬼」マナブさんの講座も、十分有用性はあります。こちらを進めるなら独自で追加学習してから企業提案したほうが望ましい、という印象です。

下記のような方は互いの講座を確認し合って、別の切り口を探してみるのも勉強になるのではないかと思います。

  1. 講座でつまづいてどうにもならない人、やり直したい人
  2. 講座は終わったが自信が持てない、補講したい人

 

まとめ

まとめ

ロードマップは入り口が広く出口が窮屈なトンネル。デイトラは入り口から出口までゆったり。

 

 

※この記事はChromebookで書きました。(リライトを除く)

「仕事で使えるRails」教材ならTake off Rails

Take off Railsは「仕事で使えるRailsスキル」を重点的に教える、Ruby on Rails学習教材です。フルリモート勤務を実現したエンジニアが教える技術がここにあります。

紹介ページを見る