エンジニアのコラム

【30歳以下】エンジニアキャリアの最速ルートを考える

どうも、みーまです。

私は30代後半でCEという職業を辞め、有料スクールに通い、結果的に(クラウド)インフラエンジニアになることに成功しましたが、私が辿ったルートはお金もかかり、確実性がなく、正直に言うと再現性が高いとは思っていません。

既にインフラの経験が多少なりとあるような、バックグラウンドが私と似ている人は再現性も高まるのですが、バックグラウンドに関係なく、もっと多くの人に共有できる方法はないのか、考え続けています。

ここでは、30歳以下(高卒〜30歳)の場合に適用できるエンジニア最速ルートをお伝えしていきます。

  1. このルートは30歳以下に限られます。
  2. このルートは正直「真っ当な方法」ではないかもしれませんが、これくらいドライであることも時には必要かと思います。(でも他の人に話すのはお勧めしません。)
  3. 最短で働くルートなので、最良の働き方とは限りません。それでもこの方法で進んでいる人が実際にいるのは事実なので、その点が分かる人だけ読んでください。
31歳オーバーの方へ

1校だけ35歳上限があり、そこならこのルートを狙える可能性はありますが、次のステップに行くまでに年を取るので、紹介される企業で納得して働けるかがカギとなります。他の方より難易度は高めです。

2020年から、本記事とは別スタイルの新しいスクールが開校しています。下記の2記事も参考にしてみてください。

フランス発のエンジニア養成機関が日本上陸。「42 Tokyo」とは?先日、「42 Tokyo」というエンジニア養成機関のオープン告知がありました。「42」とは、フランスから始まった、世界の複数にある「生徒同士で教え合って技術を身につける」という変わった機関であり、私なりに情報を調べてまとめました。...
LABOTサイトの画像
転職後に分割払い?ISAs採用のプログラミングスクールとは? ISAsという新しい契約形態を採用したプログラミングスクールがLABOT社より、2020年1月から開校するらしいので、情報をまと...
今働いている人へ

このルートを進むのであれば年齢制限を超えないうちに退職して始めるのが一番良いんですが、学習期間中の生活費などもあるため、ご自身でよく考えて決めてください上京してバイトしながらスクールへ通った人もいるので、諦める必要はないです。

 

今の会社が辞められないなら退職代行も考えましょう。2万円で退職できます。

退職代行J-NEXTで相談する

エンジニアキャリアの最短ルート

私が考える最短ルートはコレです。

簡単に言うと、「就職紹介付きスクールを経由して、早期にエンジニアとして働く」方式です。

考えうる限りでは、この方法が現場に入るには最速だと思います。

  1. 学費無料の転職付きスクールへ通って、紹介企業に就職する(1〜3ヶ月)
  2. 紹介企業で経験を積む。
  3. 紹介企業を退職。揉めそうだったら退職代行。
  4. IT専門派遣エージェントに登録。希望スキルの案件に派遣してもらい経験を積む。
  5. 手頃な時期にフリーランスエージェントか目当ての企業に就職。

次からは詳しく紹介していきます。

学費無料の転職付きスクールへ入って就職

まず、学費無料かつ就職紹介付きのスクールで基礎を学んで、そのまま紹介企業へ就職します。

なぜ学費無料か?

学費無料のスクールは収入を就職紹介先企業に頼っており、生徒から貰う必要がありません。

上記の理由から、当然欲しい人材は若い人が良い為、受講年齢に上限を設けています。

どの言語が良い?

どれでも良いと思いますが、Web系からは離れるかもしれませんが、Javaであれば案件数も多く、難しい言語の部類な為、スクールで学ぶなら難しい言語を選ぶのもオススメします。

「なるべく早くWebから行きたい」という人であれば、PHPのほうがJavaよりは近くなるでしょう。

一応次にポイントをまとめます。

スクールを決めるポイント4つ

  1. 受講可能年齢
  2. 学べる言語・スキル
  3. 学習にかけられる期間
  4. 今の住居(住まい補助があるか)

今のスクールにはシェアハウス補助などもあるので、地方住まいの人もチャンスがあります。(ただしJavaかネットワークエンジニアになります。)

学費無料のエンジニア養成スクール一覧

共通事項
  1. スクールの支援で就活する。(勝手に自分で就活しない)
  2. 紹介企業で内定したら断らずに就職する。
名称条件学習教科通学時間
GEEK JOB 転職コース
  • 首都圏近郊在住
  • 年齢制限(高卒〜29歳)
    • 12万円で有料コースあり(紹介先就職でキャッシュバック)
  • プログラマー(いずれか)
    • PHP
    • Java
    • Ruby
  • インフラ
    • Apache
    • MySQL
    • Linux
  • 平日10〜18時/約3ヶ月
  • 退職日が決まっていれば夜間受講も受付
プログラマカレッジ
  • 首都圏近郊在住
  • 年齢制限(なしとしているが、高卒〜29歳)
  • ECサイト、アプリ開発
    • Java
    • PHP
    • HTML,CSS
    • Linux
    • Apache
    • SQLなど
  • 平日コース:10〜18時
  • 夜間コース:19〜22時
  • 総学習時間:420時間
0円スクール(ゼロスク)
  • 各地最寄りのスクールに通学できること(全国6拠点)
  • 年齢制限(18〜35歳
  • Webアプリケーション
    • Java
    • SQL
    • HTML,CSS
    • jQueryなど
  • 総学習時間:411〜493時間
ぼくらのあした
  • 10万円の預かり金準備必要(提携企業へ就職でキャッシュバック)
  • 上京して通学できること(1.5万円支給、シェアハウス無料提供)
  • 年齢制限(高卒〜30歳
  • Webアプリケーション、業務システム
    • Java
  • スピードマスター:1ヶ月
  • スタンダードコース:2ヶ月
ネットビジョンアカデミー 一般無料コース
  • 上京して通学できること(2ヶ月シェアハウスサポートあり)
  • 年齢制限(高卒〜30歳
  • インフラ(ネットワーク)エンジニア
    • NW技術
    • CCNA(合格率100%)
  • 総学習時間:160時間(1ヶ月)

 

最初の会社で経験を積む

最初の会社で経験を積みます。

「実務経験」は何より大事です。経験年数が無いと採用しない企業も多いので、将来も見越してしっかり経験を積みましょう。

合間で自己学習することも必要です。最初の会社でやりたいことがさせてもらえない可能性もあるため、その場合は自己学習の有無が将来のスキルに関係してきます。

しかるべき時期に次の会社を探す

タイミングを見て、「成長が止まった、これ以上新しい案件も無い」と思ったら次の会社を探すタイミングかと思います。

これまでの自分のスキルを整理して、職務経歴書などをまとめ、次の会社を探す準備をしましょう。

並行して、自分の次の目標のスキルや案件を考えて、それをやれるか会社に相談しましょう。難しそうであれば辞めてもいいと思います。

なるべく会社と良い関係で辞められるように努力しましょう。嘘で地元に帰るとかは、後々出会うリスクもあるんで注意ですね。

色々あって辞めたいけど、退職できそうにない

そんな時は残念ながら退職代行でサッと辞めましょう。残念ながら仕方ないですね。

 

サッと辞めたいなら退職代行J-NEXTがオススメ

退職代行J-NEXTで退職相談

 

IT派遣エージェントで働く手も

もし次の会社を正社員で探す気がなければ、IT派遣エージェントで案件を探すのも手です。

以下に業務未経験に手厚い派遣エージェントをまとめました。

各社得意案件が違うんで、複数登録して紹介可能案件を聞くのが良いです。

並行して次のセクションのフリーランスエージェントに声をかけるのもアリです。収入が全然違うならフリーランスに行くのもアリでしょう。

派遣が嫌だと思う人はこの記事もどうぞ。

悩む人の画像です。
【エンジニア転職の読み物】派遣は怖がらなくていいよエンジニアの転職を目指して活動していると、派遣についての話を聞きますが、派遣エージェントでの働き方について紹介しています。...

おすすめ派遣エージェント3つ

名称良い点悪い点
パーソルテクノロジースタッフ
  • 未経験からでも勤務可能な案件に強い。
  • 登録がオンラインで済む(職務経歴までの登録で紹介開始)
  • 関東、関西、東海にエリアが限定
リクルートスタッフィング
  • 転職大手、リクルートのIT専門派遣
  • オンライン登録でOK(経歴、希望条件登録で紹介開始)
  • 紹介エリアが限定(東京、神奈川、大阪、愛知、北海道)
マンパワー
  • 米国企業の日本法人
  • 日本最大規模で、地方にも強い。
  • 登録会という面談の予約が必要

 

フリーランスエージェントへ切り替える

働いていく中で他人からの評価がある程度得られている感覚があれば、独立を考えてもいいかもしれません。

ただしフリーランスになるなら開業とか色々準備はしてくださいね。

おすすめフリーランスエージェント4つ

フリーランスエージェントも複数登録して、良い案件があるか品定めできたらいいですね。

名称良い点悪い点
レバテックフリーランス
  • 業界最大級の案件保有数
  • 直請け案件が多く、高単価が実現可能
  • 支払いサイトが短い(15日)
  • 地方は弱め(関東、東海、関西、九州)
Midworks
  • 正社員並の保証
    • 収入保証
    • 福利厚生
  • 保証の分、マージンが高め
  • 案件数が若干少なめ
Pe-BANK
  • 老舗の専門エージェント会社
  • 地方に強い
  • 稼働月数に応じてマージン率が下がる
  • 週5案件が多め
  • 在宅案件は少ない
  • 面談(ヒアリング)が必須
geechs job(ギークスジョブ)
  • 地方でも高単価案件を紹介可能
  • 確定申告セミナーなど、補助が強い
  • 在宅案件は少ない
インボイス対策は注意

2023年10月から、インボイスが無いフリーランスに手伝ってもらった仕事に対して、仕入税額控除が効かなくなります。

フリーランス自身が困るというよりは、エンドユーザーとの間に1社挟んでいるなどに影響が出ます。100万でエンドユーザーに販売はしたものの、本来は仕入れした分消費税が安くなるはずなのに、安くならないんです。

インボイス制度が始まるまでに、課税事業者になって備えておくなど、対策が必要です。

企業への就職

「確定申告とか無理・・・」という人は、ここまでスキルを身につけていれば正社員で高単価を目指すのも良いでしょう。

 

まとめ

ここでまとめです。

  1. 若いうち(30歳まで)に就職付きプログラミングスクールで業界に入る。
  2. 紹介企業で経験を積む、自己学習も続ける。
  3. 成長が止まったら転職か派遣で引き続き経験を積む。
  4. フリーランスになってさらに上を目指すか、良い会社に就職する。

 

今回は以上です。ありがとうございました。

特に最初が年齢制限ありなので、行動は早いほうが良いと思います。

若いときは今しかないんで、皆さん頑張ってください!

 

【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovie Hacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!
Movie Hacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

Movie Hacksの詳細を見たい!