スキル学習・解説

【購入レビュー】IT技術者から見たプログラミング入門書「ふりがなプログラミング」の凄さ

評価:5

どうも、みーまです。

この記事では、インプレスさんから発売されている「ふりがなプログラミング」シリーズについて語っていきます。

私について

現在は地方のSIerでコンピュータ保守員をしています。他にもビジネス向けの回線構築などをしています。

 

「ふりがなプログラミング」シリーズは何が凄いのか?

まず、ふりがなプログラミングシリーズの凄さについて紹介します。

1.コードにふりがなが振られている

以上です。むしろこれが全てです。

 

コードにふりがなをふることの凄さとは?

コードにふりがなをふることの何が凄いのか?

私が実際の業務で行っていることを例にして語っていきます。

私についての紹介でも書きましたが、私はコンピュータ保守員の他に、ビジネス向け回線の機器設定などを業務にしています。

例えば本社と遠く離れた地方の営業所を、インターネットまたはフレッツ回線で独自に結んで(トンネル)、まるで事務所同士が同じネットワークにいるかのようにする。

上記のようなことには、回線の申込みの他に、ネットワークルータの機器設定がありますが、これは弊社が好きな機種を提案できるとは限りません。私の得意なベンダー以外に、不得意であったり、未経験な機種での設定をする機会もあるわけです。

そのような時に、まず私は、どのようにするか。

 

1.ベンダーのWEBサイトなどから構成の見本(サンプルコード)を入手する。

2.入手したコンフィグ(設定コード)の全てに、マニュアルを参考にしながら意味を記載する。

 

どうでしょう、2の作業と、「ふりがなプログラミング」が、近しいように思えませんか?

 

私がコードに意味を書いて行く理由は、実際に「スラスラ読める Rubyふりがなプログラミング」にも書かれています。

「それが何を意味してどう動くのか」すぐに理解できます。

これが実はめちゃくちゃ大事なんです。普通に本を使って学習すると、以下のようになります。

コードを見てすぐに意味が分からないと、ドキュメントを引いてこないといけない

ドキュメントを引いている間に、何をしていたのか分からなくなる

実際にコードを組む作業になかなか進まず、効率がとても悪い

 

上記を逆に書くと、こうです。これをプログラミング入門書でやろうと思いついたことが凄い。

コードを見てすぐに意味が分かるので、ドキュメントを引かなくても良い

・ドキュメントを引かずにコードをが分かるので、次の段階「書き替えてみる、実行してみる」ことがすぐに行える

結果、全体の効率が大幅に上がる

プログラミング学習というのは、「何書いてあるかわからないから嫌」って人が結構多いんですが、この本はふりがながありますから、「何が書いてあるかは分かる」ところまでグイグイ押し上げてくれます。

この本のことは「人生逆転サロン」さんでオーナーさんの教材動画を見て知ったのですが、もっと早く知りたかったですね。私は今後触りそうな言語も含めてKindleで購入しました。

 

もう一度凄いポイントを書いておきます。

コードを見てすぐに意味が分かるので、ドキュメントを引かなくても良い

ドキュメントを引かずにコードをが分かるので、次の段階「書き替えてみる、実行してみる」ことがすぐに行える

結果、全体の効率が大幅に上がる

この本であれば、通勤通学の時など、ドキュメント・リファレンスを一緒に開けない環境でも、ふりがなを読むだけでコードを理解できるので、スキマ時間を有効に使えますし、実際のコード入力は、帰宅してからじっくりできますね。

まとめ

ということで、「ふりがなプログラミング」シリーズ本の紹介でした。上記で紹介しませんでしたが、本の中に出てくる男の子と女の子もなかなか良い味が出てます。

【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovieHacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!MovieHacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

MovieHacksの詳細を見たい!