スキル学習・解説

【駆け出しエンジニア向け】Google検索のキホン

どうも、みーまです。

私が受講したスクールのSlackコミュニティ内にて、エラーについて検索するときに他の人がどう調べているのか知りたい、との話題が出ましたので、Google検索の使い方について紹介することにしました。

検索の方法は沢山ある

多くの人は、単語1つでしか検索しない

これはエンジニアを目指している人は以外かもしれませんが、単語1つだけを検索に入れる人がとても多いです。

年配の人が多いというのもあったと思いますが、実際に私の前の職場では、2語以上で検索する人は少数派でした。

検索するときの単語は2語以上で

まず基本のことですが、頭の良いGoogle検索でも、単語1つで希望のページを表示させるのは難しいです。結果が多すぎるからです。

検索は2語以上で入れるようにしましょう。

単語と単語をスペース(空白)で区切ると、それぞれを単語と判断する。

単語があればあるほど結果も絞られていく。

「Rails」と検索しても、Railsの実行エラーのページはすぐ見つからないですよね?

最低限、「Rails 実行時エラー」くらいから始める必要はあるでしょう。

エラーの解決策に「エラー」と検索しても伝わらない

先ほどの例にエラーと書いてしまいましたが、エラーの解決策を探す為に検索窓にエラーと入れても、ちゃんとGoogleさんには伝わりません。

エラーと判断するには、errorやfailedなどの単語が見つかった時だと思いますが、それ以外にも状況を説明する為の言葉があるはずです。まずは何か出ているメッセージをコピペして検索しましょう。

コピペができないなら、まずは「使用ソフト名 メッセージ コピー 方法」などを調べるのが先です。エラーメッセージは手入力している場合ではありません。

エラーメッセージが本当に何もないのなら、ログがあるかを調べるべきです。

エラーの解決策を探すならエラーメッセージを探す。

多くのプログラムはログを取っている。またはログを出力する機能(オプション)がある。

応用も忘れずに

上記でも十分な検索は可能ですが、最初のうちは十分に結果を絞り込めないことがある為、次の機能も知っておくと良いです。

全ての単語を含んだページを見たいときは?

英文は空白で区切る為、そのままでは「いずれかの単語」という判断になります。

エラーメッセージなどの場合、それが悪い方向に働き、求めている結果が出ないことがありますので、全てを含むものとして認識させましょう。

検索したい語句をダブルクオート(")で囲むことで、囲った全てを検索できる。

不要なページを結果から除きたい場合は?

検索結果の中に不要なページが上位を占めていて不要な場合は、除外することもできます。

除外してほしい情報の単語にハイフン(-)を付けると、その語句がヒットするページは除外される。

 

まとめ

ポイントをまとめます。

基本

  • 単語と単語をスペース(空白)で区切ると、それぞれを単語と判断する。
  • 単語があればあるほど結果も絞られていく。
  • エラーの解決策を探すならエラーメッセージを探す。
  • 多くのプログラムはログを取っている。またはログを出力する機能(オプション)がある。

応用

  • 検索したい語句をダブルクオート(")で囲むことで、囲った全てを検索できる。
  • 除外してほしい情報の単語にハイフン(-)を付けると、その語句がヒットするページは除外される。

以上、Google検索のキホンでした。

【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovieHacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!MovieHacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

MovieHacksの詳細を見たい!