スキル学習・解説

転職後に分割払い?ISAs採用のプログラミングスクールが2020年登場

どうも、みーまです。

ISAsという新しい契約形態を採用したプログラミングスクールがLABOT社より、2020年1月から登場するらしいので、情報をまとめてみました。

2019.12.2 LABOT社が池袋のスクール運営会社「株式会社QuelCode」を買収し、このスクールがブランド名を「QUELCODE」として開校することが決まりました。(池袋は改名を予定)

ISAs(所得分配契約)とは?

ISA/ISAsとは、所得分配契約ということのようです。

簡単に言うと、卒業まで費用は取らないけど、転職成功して所得を得たら決まった割合をちょうだいね、ということです。

(Wikipediaにもページがあるのですが、プレスリリース間際に生まれたページであり関係者が作成した可能性があるので、各自ご自分で探してみてください。)

LABOT社のISAsポリシーによると、年収320万の人は月収の15%ずつ、300万円に達するまで支払う、という形のようです。

この支払い基準が明確に示されていないので個人的にはマイナス。今後の詳細公開に期待です。

LABOT社とは?

教育事業、金融事業を手がける企業で、2019年に立ち上げられたばかりの新しい企業のようです。

2019年12月に池袋のスクール運営会社「株式会社QuelCode」を買収しています。

プログラミングスクール×ISAsの効果は?

ISAsが何か分かったところで、次です。

プログラミングスクールとISAsが合わさるとどうなるのか。主に以下のような特徴を持つことになります。

  1. 生徒は現在の学習資金の有無に問わず、学習できるチャンスがある。
    • 衣食住に関わる生活費は当然ながら必要。
  2. 生徒の給与から回収するシステムなので、事業継続性が良い。
  3. 支払いは、給与が一定水準を割り込むと、一時停止される。
    • 低所得でも払い続けろということではない。

42 Tokyoと比較してみる

42 Tokyoと比較してみます。

42は卒業後も無料である代わりに、5年後以降は卒業生の寄付を想定しているとか、4ヶ月かけてもそこで学習権利が無くなるということがあります。私は日本人で無料で受けたがる層に寄付する人がどれくらい居るのか疑問視してます。無料に群がる割にお金を落とさない客というのも一定数居ますからね。

そう考えると稼げるようになった誰しもから回収するシステムというのは妥当かもしれません。

ISAsスクール(仮称)42 Tokyo
場所恵比寿六本木
教室オープン時間8−24時24H365D
受講期間6ヶ月(1200時間)で卒業無期限(平均で2年以上通う)
申込制限16歳から16歳から
学費負担卒業した生徒(就職後に給与の一定割合を数年かけて支払い)

中退時は無償

なし(最初の5年はDMMが中心となり運営費を補助する、以降は卒業生寄付を想定)

中退時も無償

学習継続不可条件開始2ヶ月の出席率が下限に達するピシン(4ヶ月テスト)に不合格
用意するものMacBook Pro(リースサービスもあり)なし

まとめ

42 Tokyoと比較してみましたが、ゴールが決まっている分頑張りやすいと思いますし、資金の回収方法も決まっているところは評価できそうですね。ただ会社が立ち上げたばかりで若いので、そこは気になるところですね。

 

実際のカリキュラムなどは各スクールのサイトからどうぞ。

各スクール公式サイト

LABOT.inc

子会社:QUELCODE

42 Tokyo

 

【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovieHacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!MovieHacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

MovieHacksの詳細を見たい!