【はじめてのRuby!】「RaiseTech」AWSフルコース学習記 第1回

エンジニアリングスクール「RaiseTech」さんでAWSフルコースを受講した記録です!(第1回)

学習記を最初から見たい方は下記からどうぞ!RaiseTechの紹介から全16回の情報があります!

特集ページに移動する

 

目次

今回の講義

  • AWSの位置付け、技術者としてのマインド etc...
  • AWSとRubyの関わり
  • 課題説明
    • Rubyの環境構築をして、コンソールにHelloWorldを表示させよう

 

今回のポイント、メモ

  • 課題にWindows、Macなどパソコンの条件は無し。
    • 私はWindowsにVirtualBox+CentOSで準備しました。(途中まで準備してあったので所要時間1.5時間程度)
  • 課題ができた人は更に色々な方法、条件でHelloWorldを表示させてみる。
  • 状況は専用コミュニティでドンドン報告しよう。

事前説明の際に参加者が沢山いらしたのですが、私のコースの受講者は私含め3名のようです。少人数構成ですね!

今後内容が難しくなるにつれて、サポートの質を下げない為の工夫かと思います。

私以外の生徒さんの学習環境はWindowsでRubyInstaller使用、MacOSの人など、結果的に三者三様で面白かったです!

Rubyの文法はシンプルで気に入りました。Cloud9でRails自体は触れていたのですが、Rubyにちゃんと触れたのは始めてでした!

▼今週の#RaiseTech

 

ここまでの経験

1 VirtualBOXのインストール(Windows上)
2 CentOSのセットアップ
3 Rubyのインストール

今週の出来事

  • 講師さんと就職相談(スキルシート、経歴書関係について)
  • 早割サービス開始(2ヶ月先の講座が常時1割引)

 

  • RaiseTech卒業〜WEB系自社開発企業の可能性について(複数ツイートですので下記からTwitterへ移動してご覧ください)

 

あわせて読みたい
【プログラミングの基礎を聞く!】「RaiseTech」AWSフルコース学習記 第2回 エンジニアリングスクール「」さんでAWSフルコースを受講した記録です!(第2回) 学習記を最初から見たい方は下記からどうぞ!の紹介から全16回の情報があります! 特...
あわせて読みたい
私がAWS技術の学習にスクールを使った3つの理由 クラウドインフラの大手であるAWS(Amazon Web Service)の技術を学ぶ方法としてスクールを選んだ理由を、実際にオンラインスクールでのカリキュラムを終えた私が具体的...
目次
閉じる