スキル学習・解説

【解説】クラウドインフラとは?メリットは?

どうも、みーまです。

AWSを学んで半年が経ち、前職の知識も含めて、「クラウドインフラとは」「クラウドインフラの良さ」が分かってきましたので、解説していきます。

クラウドインフラとは?

皆さんは情報インフラとか、公共インフラみたいなものは言葉として分かると思います。

インフラとは、何かを届ける為の仕組みのことです。公共インフラだと電気とか。

クラウドインフラのインフラは、情報、データ通信を届ける仕組みのことですね。

では、インフラの何がクラウドになるのか?データはそもそも形のないものなのに?

インフラの何がクラウド化する?

まずは、クラウド化という表記が難しいかもしれませんので、一旦、ソフト化と表現しますね。

さて、「何がソフト化するのか?」ということですが、今まで皆さんの見えないところで、皆さんが送った情報を計算していたサーバーだったり、多数のアクセスを止まらないように振り分けていたロードバランサーだったり、構成される沢山の装置が、ソフト化することになります。

もう少し掘り下げて言うと、今まで企業さんは空調の効いた大きな部屋を用意して、沢山の装置を並べて、うるさい音をさせつつ、動かしていたわけです。

これらの装置がソフト化すると、どうなるか。これがクラウドインフラのメリットに繋がってきます。

インフラがソフト化したらどうなる?

設置場所問題の解決

インフラがクラウド化したらどうなるか。

まず、沢山合った装置が無くなりますので、大きな部屋は不要になります。年間を通して気温が安定しているのなら、空調も要らないでしょう。

利点はスペースだけじゃない

利点はスペースだけではありません。

ソフト化されたインフラは、作るのも捨てるのもすぐできます。

今まででは難しかったことが簡単にできるようになります。簡単なものなら、24時間以内に本番動作できるでしょう。

クラウドインフラですぐできること
  • 国をまたいだ災害対策、システムの二重化
    • シンガポールに1日で同じシステムを作るなど
    • これまでは機器の輸出申請設置場所回線契約など様々な問題あり
  • 開発用のシステム構築
    • 本番用と同じ装置をメーカーから借りなくて良い
  • 性能の選定ミスがあったら設定変更で性能アップ
    • 機器を返品して再手配するリスクから開放

メリットを最大活用した運用方法が生まれた

クラウドインフラの誕生で、様々な運用方法が生まれました。

  1. ブルー/グリーンデプロイ
    • 開発と本番、全く同じ環境を作って、アップデートの度に、交互に開発と本番の役割を変えて、無停止にする運用
    • トラブルがあったらすぐに前に戻せて、修正に入れます。
    • 冒険の書1と2を使って、新しい教会に行くたび保存先番号を変えるのと近いです。
  2. Infrastructure as Code(IaC)
    • インフラをコードで管理することで、変更前後の差が比較ツールで分かりやすくなる。
    • これまでは2つの図面を目で見て判断していました。

このように、クラウドのインフラ化で、直接的にはシステムを作る人、作って貰う人に。間接的には利用者の人に沢山のメリットがあります。

まとめ

内容をまとめます。

  1. クラウドインフラとは、情報を処理、届ける仕組みの装置をソフト化したもの。
    • その「ソフト」は、更に大きい装置で実行されている。(日本だと2〜3拠点)
  2. インフラをクラウド化すると、作る、捨てるが早い。
    • 災害対策や二重化に強い。
    • 日本赤十字社の募金サイトを48時間で構築した事例もある。
    • 利点を利用した新しい運用方法も生まれた。

今回は以上です。ありがとうございました。

【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovieHacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!MovieHacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

MovieHacksの詳細を見たい!