ITエンジニア

プログラミング学習に役立つ有料サービスの選び方

コンピューター画面の画像です。

この記事について

この記事は以下の人向けに書いています。

  • プログラミング学習を多少課金してでも加速したい
  • プログラミングの独学に行き詰まっており、誰かの力、知恵を借りたい

ITエンジニアを目指してプログラミング学習をしていると、有料サービスの情報を多く目にすると思います。しかしながら、本当に信頼できるのか不明など、不安要素が多くあります。

この記事では満足なサービスの選び方の紹介と、よく登場する有料サービスを月額払い、買い切り商品と分けて表にまとめました。

学習は全て無料でも十分行えますが、苦手な部分にコストを払って、目的達成までを容易にしていくのが賢い学習方法ですので、一度ご覧になってプランを検討してみてください。

プログラミング学習に役立つ有料サービスの選び方

この表は有料サービスを5つに分類しています。

  • 教材:実際に学習する分野の解説、課題などが含まれているもの。
  • 講師:講師に謝礼を支払って雇う。家に来ない家庭教師。
  • サロン:コミュニティに所属し、勉強会の参加、学習方法や問題のアドバイスを貰いながら自己学習する
  • スクール:現地集合またはオンライン集合し講座を受ける。(講師がいても全て録画動画だった場合は教材に含める。)就職・転職サポート付きが多い。
  • ロードマップ:学習の順序、コツなどを記載したもの教材と混同している人が多いが、主にロードマップに記載の教材を準備して自己学習する。

 

学習方法別 おすすめサービス

ここでは学習方法を「ソロ学習」、「クラス学習」と区分けした上で、各種サービスの向き不向きをまとめます。

名称 ソロ学習 クラス学習 備考
教材
  • 最近の教材はSlackコミュニティ付が増えている。
講師
  • 現役エンジニアがいるサービスもある。
サロン
  • サロンには必ず教材があるわけではない。
  • オーナーがエンジニア経験者であることが重要。
書籍
  • 読んだ人が感想をSNSで述べているものが望ましい。
スクール
  • カリキュラムを公開しているか
  • 卒業生のその後がスクールサイトの外で分かるか
ロードマップ
  • 教材が付いていないので基本的にはソロ派向け。
  • 質問可能なコミュニティがあるならクラス派も選択肢に入る。

 

代表的なサービスの紹介

ここからは、代表的なサービスを、「月額」、「買い切り」と支払体系別に紹介します。

月額払い

金額 区分 名称 備考
¥980 教材 Progate
  • 有料会員向け講座の学習
¥980 教材 ドットインストール
¥980 サロン 雑食系エンジニアサロン
  • テック系YouTuber・勝又健太氏設立のサロン。
  • キャリア相談にも丁寧に答えてくれる好印象な方です。
  • 現役エンジニアも多く参加しており、初期は質問のレベルの高さに戸惑うかも。
  • サロン生のアウトプット量はかなり多く、中でもポートフォリオの質が高いです。
¥1,980 サロン 人生逃げ切りサロン
  • インフルエンサー・やまもとりゅうけん氏設立のサロン。
  • エンジニア以外にもブログ、せどり等、様々なジャンルのアドバイスを行っています。
  • 著名人とのオンライン対談の配信、有料note記事の無料公開など、付加価値は高いです。
¥2,980 サロン 人生逆転サロン
  • アラサーで研究職からプログラマーに転職成功した神里よしと氏設立のサロン。
  • オーナー自ら常に学習をしていて、体験を元にサロン生限定の教材を作成されています。
  • サロン生からアラフォープログラマーも誕生しており、教育の質は高い様子です。
~¥5,000 講師 メンター(講師)サービス
  • MENTAや個人間取引など。
  • 現役エンジニアに教えを請う方法。
¥49,800 教材 ウェブカツ!!
  • 学生割、女性割有
  • 身につく技術の高さから内容には定評があり、現役エンジニアや他スクール卒業生も学び直しに入会しています。
  • Twitterハッシュタグ「#ウェブカツ」で確認されることをお勧め。
  • ライト層向け教材も開発中とのこと。
  • Progate、ドットインストール等、基礎のスクール以外の併用は禁止されています。オンラインサロンや講師としての活動も不可。
¥70,000 スクール QUELCODE
  • 東京・池袋のオフラインスクール
  • HTML/CSS,WP,PHP,AWSなどの技術からセキュリティ知識までを約半年で学習。
  • 東京なので地方の方は不向き。
  • オンライン講座も準備中だそうです。

月額払いで良コスパのサービス

  • Progate、ドットインストール=コストに対して学習できる言語の多さがコスパ最高。
  • オンラインサロン=質問、相談の他に人脈強化が可能。エンジニアになった後も求人に利用できる。
  • (学生、女性限定)ウェブカツ!!=教材の質は随一。学生や女性は推奨。他スクール利用の制限など、規約があるので違反しないよう注意。

 

買い切り商品

金額 区分 名称 備考
¥120 ロードマップ 120円ロードマップ
  • HTML/CSS~Railsのロードマップです。
~¥2,000 教材 Udemy
  • 初回入会時、セール時
  • セールは比較的多くある為、定価で買うのは損。
  • 英語教材もChromeの翻訳機能で十分学習できます。
~¥3,000 教材 専門書籍
  • 書籍を見ながらコードを入力するなら電子版+タブレットで参照の方が良いです。
¥59,800 教材 Take off Rails
  • 現役エンジニアが制作した教材です。
  • Ruby、Railsの基礎を理解した人向け。
  • SkillHacks修了者にもオススメ。
  • 教材がMac前提なのでMacを持たない人は申込み注意。
¥69,800 教材 Skill Hacks
  • HTML/CSS~Railsの教材です。
  • 未経験者向け。
  • 無制限質問サポートが特徴。
  • この教材を終えたら次はTake off Railsがオススメです。
¥119,000 ロードマップ プログラミング独立のロードマップ
  • HTML/CSS~WordPress/PHP案件のロードマップです。
  • 無料ロードマップを修了者のみ購入可能。
¥200,000

¥300,000

スクール RaiseTech
  • JavaまたはAWS技術を教えるスクールです。
  • 未経験でもとにかくエンジニアとして働きたい方向け。
  • AWSコースはTake off Railsとの相性も良いです。
~¥300,000

~¥600,000

スクール エンジニアリングスクール/プログラミングスクール
  • 短期で学習したい、就職支援を受けたい人に。
  • ひとりでの学習が平気な人はサロンと併用しての自己学習のほうが良コスパ。

買い切り商品で良コスパのサービス

  • 120円ロードマップ=ダントツの安さ。価格に反して良質なロードマップ。
  • Udemy=ロードマップなどと組み合わせて学習すると良い。
  • 専門書籍=SNSなどを調べると、推奨される書籍が絞れてくるはず。サロン生ならサロンで聞くのもOK。

 

サービス組み合わせの例

いくつかのパターンをプランとして書いておきます。(月額、買い切り混在)

サロン併用ソロプラン

雑食系エンジニアサロン ¥980
Progate ¥980
ドットインストール ¥980
Udemy講座×5 ¥10,000
専門書籍×3 ¥9,000
合計(初月) ¥21,940
合計(翌月以降) ¥2,940

120円ロードマッププラン

120円ロードマップ ¥120
Progate ¥980
専門書籍×7 ¥21,000
Udemy講座 ¥2,000
合計(初月) ¥24,100
合計(翌月以降) ¥980

スクールプラン

エンジニアリングスクール ¥300,000
専門書籍 ¥3,000
Udemy講座 ¥2,000
合計 ¥305,000

こうして並べると、基本的にITエンジニアになる為の学習コストは高くないことが分かると思います。

それでもITエンジニアになるのが大変なイメージがあるのは、プログラミング自体の適切な教材を見つけるのは比較的難しい傾向にあるからだと思います。

スクールの価格は目立ちますが、自己学習が苦手な人、現役エンジニアから直接指導を受けたい人、短期で結果を出したい方には十分検討材料に入ってきます。

参考:私がこれまで購入したもの

Progate ¥980
ドットインストール ¥980
Udemy講座×10 ¥14,000
120円ロードマップ ¥120
人生逃げ切りサロン ¥1,980
人生逆転サロン ¥2,980
雑食系エンジニアサロン ¥980
RaiseTech(AWSフルコース) ¥260,000
Take off Rails ¥59,800
合計(初月) ¥341,840
合計(翌月以降) ¥7,920

まとめ

学習にも様々な手段があることを理解いただけたかと思います。無料サービス、有料サービスを上手く組み合わせて、早く結果を出せる人になりましょう。

 

締めのひとこと

金を払って満足する奴に収まるな。心地よく金を払ってもらえるITエンジニアになるんだ。

 

「仕事で使えるRails」教材ならTake off Rails

Take off Railsは「仕事で使えるRailsスキル」を重点的に教える、Ruby on Rails学習教材です。フルリモート勤務を実現したエンジニアが教える技術がここにあります。

紹介ページを見る