AWS

Amazon LightsailにWordPressブログを引っ越ししてみた(3-WordPressインストール編)

どうも、みーまです。

前回の記事では、Amazon Lightsailでサーバーの構築を行いました。

Amazon LightsailにWordPressブログを引っ越ししてみた(2-Lightsail準備編)エックスサーバーからAmazon LightsailへWordPressブログを引っ越ししましたので、準備からデータインポートまで随時掲載していきます。...

今回は引き続きAmazon Lightsailの作業と、サーバーでの作業を進めていきましょう。

紹介する手順はnginxで動作させる手順ですので、WordPressインストール済みイメージを使う多くのドキュメントとは違う点だけご注意ください。

Amazon Lightsailとは?

Amazon Lightsailのシンプルアイコン
Amazonが提供するAWSの中でも特殊な、金額に応じたスペックが選べる、簡易版のクラウドインフラサービスです。

通常、使用量に応じて金額が変動するAWSのサービスと異なり、Amazon Lightsailは金額ベースのプランが選択可能で、最小で3.5USD/月から利用することができます。

配置サブネットが選択できないなどの制約はありますが、セキュリティグループや固定グローバルIP、DNSやロードバランサー、CDNも利用可能で、通常のAWSサービスに戻りたい場合は、スナップショット(バックアップイメージ)からEC2への復元が可能です。

Amazon Lightsailの設定(引き続き)

では、Amazon Lightsail側の設定を引き続き進めていきましょう。

1. ファイアウォール、ネットワーク設定

構築したサーバーの名前をクリックします。Lightsailコンソールの画面説明
初期ではSSHとHTTPが許可されていますが、HTTPSを追加します。Lightsailコンソールの画面説明

Lightsailコンソールの画面説明

作成したばかりのLightsailサーバーはIPアドレスが変動しますので、固定します。

静的IPを付与しましょう。

Lightsailコンソールの画面説明

LightsailサーバーのAmazon Linuxへ接続

Linux上で操作を行う為、SSHクライアントで作業します。

1. SSH接続

LightsailコンソールからブラウザでSSH接続は可能なのですが、エックスサーバーでダウンロードしたデータを投入したいので、今回はSSHクライアントで行います。

MacOSならターミナル、WindowsならTeraTermなどで行います。接続方法はAmazon EC2と変わらないので、ここでは省略します。

ユーザー名とIPアドレス、キーペアファイルを間違えないようにしましょう。

下記のような画面が出たら成功です。

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux AMI
      ___|\___|___|

2. パッケージの更新、追加など

必要なパッケージの追加・更新と、今回使うWordPressのインストーラで要求されるスワップ領域の作成を事前に行います。

↓のコマンドを参考にして行ってください。

# yum
sudo yum update -y
sudo yum install perl perl-Data-Dumper mysql ncurses-compat-libs -y

# pip
sudo pip install --upgrade pip

# Create swap area
sudo dd if=/dev/zero of=/mnt/swap.0 bs=1024 count=1048576
sudo chmod 600 /mnt/swap.0
sudo mkswap /mnt/swap.0
sudo su
echo "/mnt/swap.0 swap swap defaults 0 0" >> /etc/fstab
swapon /mnt/swap.0
sudo swapon -s
exit

 

作業が終わったら、画面は閉じずにそのままにしておいてください。

3. WordPressインストーラURLの入手

次はWordPressのインストール行いますが、ダウンロードはLightsailサーバー上で行いますので、最新インストーラのURLだけをブラウザで入手します。

今回はBitnamiが提供している、WordPressとnginxがセットになったパッケージを利用します。
BitnamiはVMWare参加の企業であり、WordPressがインストール済みのLightsailイメージ(Apache同梱)も提供していますので、利用は問題ありません。

Bitnamiのホームページにアクセスします。Bitnaimウェブサイトの画面説明
CommunityからCommunity Catalogにアクセスします。Bitnaimウェブサイトの画面説明
検索フォームにwordpressと入力します。Bitnaimウェブサイトの画面説明
WordPress with NGINX and SSLをクリックします。

これがnginx入りのインストーラです。

Bitnaimウェブサイトの画面説明
画像のようにPC向けインストーラを入手して、ダウンロードボタンを押さずにリンク先のアドレスをコピーします。Bitnaimウェブサイトの画面説明

Bitnaimウェブサイトの画面説明

4. WordPressのインストール

いよいよWordPressのインストールです。

といってもBitnamiによってパッケージ化されており、操作もこちらでサンプルを用意していますので、コマンドラインが一通り使える方であれば、それほど難しくはないと思います。

1SSHの画面に戻って、LightsailのLinux上でインストーラをダウンロードします。

下記にコマンドサンプルを記載しますが、URLやファイル名は前の手順でコピーしてきたものを利用してください。

# Get Btinami Installer
curl \
  -L https://bitnami.com/redirect/to/1084379/bitnami-wordpresspro-5.4.2-3-linux-x64-installer.run \
  -o /home/ec2-user/bitnami-wordpresspro-5.4.2-3-linux-x64-installer.run
2インストーラを実行します。
# Run Btinami Installer
sudo chmod +x /home/ec2-user/bitnami-wordpresspro-5.4.2-3-linux-x64-installer.run
sudo ./bitnami-wordpresspro-5.4.2-3-linux-x64-installer.run \
  --disable-components varnish,phpmyadmin \
  --installer-language ja \
  --smtp_enable 0 \
  --prefix /opt/bitnami
3インストーラが起動します。右に表示されている項目以外はEnterで大丈夫なはずです。

passwordは今回設定するのみで、利用はしません。(エックスサーバーからのデータを取り込むと使えなくなります)

----------------------------------------------------------------------------
ようこそ Bitnami WordPress with NGINX and SSL Stack セットアップウィザードへ。

----------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------
Create Admin account

Bitnami WordPress with NGINX and SSL Stack admin user creation

Password :
Please confirm your password :
----------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------
お使いのコンピュータに Bitnami WordPress with NGINX and SSL Stack をインストールする準備が整いました。

続けますか? [Y/n]:

 

4インストールが完了するメッセージが出るまで待機します。

進捗バーが100%になってもしばらく待つ必要がありますので気をつけましょう。

----------------------------------------------------------------------------

しばらくお待ちください。 Bitnami WordPress with NGINX and SSL Stack をお使いのコンピュータにインストール中です。



 インストール中

 0% ______________ 50% ______________ 100%

 #########################################



----------------------------------------------------------------------------
5セットアップが完了したら、WordPressを起動するか質問されますが、一旦動作するか確認したい人はY、不要な人はNで結構です。
----------------------------------------------------------------------------

セットアップウィザードによる Bitnami WordPress with NGINX and SSL Stack のインストールが完了しました。



Launch Bitnami WordPress with NGINX and SSL Stack [Y/n]: 

これでWordPressがインストールできました。最後の画面でYを押した方は、ブラウザからLightsailの静的IPでWordPressの画面がアクセスできるはずです。

6BitnamiでインストールしたWordPressは右下にBitnamiのロゴが居座るので、下のコマンドで消しましょう。
# disable bitnami banner
sudo /opt/bitnami/apps/wordpress/bnconfig --disable_banner 1

 

今回はここまでです。

次回はエックスサーバーからのデータを取り込みします!

Amazon LightsailにWordPressブログを引っ越ししてみた(4-データインポート編)エックスサーバーからAmazon LightsailへWordPressブログを引っ越ししましたので、準備からデータインポートまで随時掲載していきます。...
【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovie Hacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!
Movie Hacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

Movie Hacksの詳細を見たい!