MENU

【DBの移行に苦戦・・・!】「RaiseTech」AWSフルコース学習記 第6回

エンジニアリングスクール「RaiseTech」さんでAWSフルコースを受講した記録です!(第6回)

学習記を最初から見たい方は下記からどうぞ!RaiseTechの紹介から全16回の情報があります!

特集ページに移動する

 

目次

今回の講義

  • 課題に登場する技術の解説及び注意点など
    • デプロイ、ELB、冗長化 etc..

 

今回のポイント、メモ

  • 今回の講義は主に課題の為の前提知識の説明でした。
  • 課題は下記の通り。
    • 前回構築したEC2、RDSを利用して1~4回までに作成したRailsアプリケーションを動作させる。
    • ELBを追加して正常に動くことを確認。
    • ローカルとDBソフトが違う為、ここまで約5時間かかりました。
  • 非優先課題は下記の通り。
    • S3を接続して動作することを確認。(約2時間)
    • Railsの組み込みWEBサーバからnginxなどで構築する。(約6時間)
    • EC2を追加して2重化する。
  • これまで同様、上記課題の範囲であれば手順、は問わない。

今回は過去(第4回講座で紹介されたもの)に作成したRailsのアプリケーションを実際にAWS上で動作させます!

必ず構築した操作の記録は取りましょう。今後の自動化講義でネタ元として使います!環境構築はローカルの時とさほど変わりませんが、ローカルで使用していたDBがsqliteだと、作成したRDSはmysql準拠の為、Railsアプリケーションの修正に時間を取られることになります!(私はEC2上で作り直しました!

*作業メモ*
エラー出たので作り直す。
rails new を-d mysql オプション付きで。
Gemfile -> devise追加
config/database.ymlをRDSに書換
SQL内にRDSで決めたDB名が無かったらcreate databaseする
各リソースを以前のアプリケーションフォルダからコピーしてくる

第5回、6回と予定の講座を繰り上げして進めてきましたが、次回は講師の方自らリアルタイムで今回と同様の構成を行います(ライブコーディング)。

難しい課題ですが、次回の配信を見ながら答え合わせができますので、優先課題までは終わらせるように頑張りましょう!

 

▼今週の#RaiseTech▼

 

ここまでの経験

1 VirtualBOXのインストール(Windows上)
2 CentOSのセットアップ
3 Rubyのインストール
4 Rubyプログラム基礎
5 Railsのインストール
6 Railsアプリケーションの作成、実行(scaffold)
7 ER図の作成、データベース設計
8 SNSクローンの制作
9 WEBUIを使ってのAWSリソース作成(EC2,RDS)
10 EC2とRDSの接続
NEW 8で作成したアプリケーションをAWSへ反映。
NEW 8で使用したDBをsqliteからmysqlへ設定変更。
NEW ロードバランサ(ELB)の追加。
NEW ストレージ(S3)の追加、接続。
NEW unicornの有効化。
NEW nginxのインストール。
NEW unicornとnginxの連携設定。

今週の出来事

  • 迫 佑樹さんのYouTubeチャンネルにてインタビュー動画が公開

 

  • 質問することについて。

 

  • 環境と成長について。

 

あわせて読みたい
【便利な監視機能!CloudWatch】「RaiseTech」AWSフルコース学習記 第7回 エンジニアリングスクール「RaiseTech」さんでAWSフルコースを受講した記録です!(第7回) 学習記を最初から見たい方は下記からどうぞ!RaiseTechの紹介から全16回の情...
あわせて読みたい
私がAWS技術の学習にスクールを使った3つの理由 クラウドインフラの大手であるAWS(Amazon Web Service)の技術を学ぶ方法としてスクールを選んだ理由を、実際にオンラインスクールでのカリキュラムを終えた私が具体的...
目次
閉じる