ITエンジニア

WEB系ITエンジニアになりたい人の活動の始め方まとめ

コンピューター画面の画像です。

この記事について

私がWEB系のITエンジニア転向を決意するまでに考えた行動、今心がけている行動を文章にしました。この記事は下記の皆さんに向けています。

  • 現在既に働いているが、WEB系のITエンジニアになりたい
  • 現在求職中だが、WEB系のITエンジニアとして就職したい

私自身も学習中の身ですので、内容に誤りがあるかもしれませんがご容赦ください。ご自身でもしっかり調べるのをオススメします。

 

WEB系ITエンジニアになりたい人の活動の始め方

私について

現在CEエンジニアとして勤務しています。WEB系ITエンジニアへの転向を目指して活動しています。

WEB系ITエンジニアとは?

まず、ITエンジニアとは何かを語っていきます。

ITエンジニアとは?

  • IT業界の中で働くエンジニア(技術者)のこと。
  • ここにはCE、SE(システムエンジニア)も含まれるが、WEB系になると除外されることが多くなる。

更にWEB系ITエンジニアの中にも、様々な業種に別れます。

  • マークアップエンジニア(WEBコーダー)
  • フロントエンドエンジニア(主に利用者の画面側を担当)
  • バックエンドエンジニア(主に利用者から見えない、サーバー側などを担当)
  • etc.

このように、たくさんの職種がある中で、どこに絞っていくべきかを考えます。

どうしてWEB系ITエンジニアが気になったのか考える

まず、気になった理由を掘り下げて、今の悩みを浮き彫りにしておきましょう。これも方向性を決める1つの要素になりますし、「今は現職のままのほうが良い」という結論になることも十分あり得ます。

理由と悩みの例:

  • 家族ともっと一緒にいたい→定時に帰れない、シフト制で不規則など
  • 自分の技量で勝負したい→現在の業界に不満、技量の低い人が上司など
  • 稼ぎたい→現在の収入に不満がある、出費が多いなど

例えばですが、WEB系のお仕事にはエンジニア以外にもWEBライター、WEBデザイナー、動画編集者という選択肢もあります。これらの仕事も後半で紹介していますので、そちらのほうが気になる方は目次から移動して確認してみてください。

「エンジニアは楽に稼げる!」という方もおられますが、仕事である以上、楽なことも楽じゃ無いこともあります。なるべくなら楽しいことは多い方が良いので、自分に向いた職なのか考えながら行動しましょう。

あなたに向いた働き方を考える

理由と問題点を洗い出したら、次はあなたに向いた働き方を考えてみます。

次の画像は、働き方についてマインドマップツールで整理したものです。

WEB系ITエンジニアの働き方のマインドマップです。
リモートワークは経験者だけ?

はい、ここは仕事をお願いする立場になって考えてみましょう。為人(ひととなり)や実績を知らない人に、Slack(テキストチャット)だけの状態で仕事を任せることはどこまで可能でしょうか?

頼んだことができなかったり、できないのに何も言ってこない可能性のある人には、誰かが付いてあげないといけませんので、ITエンジニア職で未経験からのリモートワークは不可能に近いでしょう

 

正社員

  • 税金、保険料、年金の計算心配もありませんし、賞与も貰えます
  • 健康診断もありますし、退職金も基本的に貰えます。
  • 自身の活躍に対して、満足な給与が貰えないこともあります。
  • いきなり倒産することがあり得ます。

会社員は面倒な経理処理がすべて会社に任せられる分、当然ながら会社の意に添わない仕事はできません。

個人事業主(フリーランス)

  • 働く場所、時間を自由に決められる余地があります。
  • 給与はある程度自身で交渉が可能ですし、正社員の年収を超えることが多いです。
  • 適切な税申告が前提であり、すべてのお金の管理を自分で行う必要があります。
    • 最近は会計ソフトが優秀な為、入力さえ適切にしていれば問題ないでしょう。
    • 自己管理ができない人は難しい作業ですので、税理士さんと契約することになるかもしれません。
  • 健康診断、退職金など、正社員にあったものはありませんので、自分で対策しましょう。
  • 契約終了は事前通知が義務づけられていますので、いきなりの失職可能性は低いでしょう。

フリーランスはリスクも自分でかかえる分、収入を抜き取られる要素が少ないということです。

フリーランスを目指そうと考えている方にオススメの書籍。Amazon税金部門で1位にもなったフリーランス税金本です。イラストはフリーランス漫画家のあんじゅ先生。

常駐勤務

自社や顧客の開発ルームなど、特定の勤務地に出社して勤務する形です。

あなたが既に働いておられる場合、転職されるか、現職の勤務時間と調整して勤務することになります(複業)。

未経験者がITエンジニアとしてやっていくのであれば、まずは1つの会社でしっかりと働くのがいいでしょう。リモートワークを求める人は、それだけの実績を作ってからです。

 

リモートワーク

勤務場所に縛られず、随時完成物を提出していく勤務形態です。

自分のパソコンとインターネットがあれば仕事が可能ですが、「好きな場所で仕事をする」には、そのワガママを通せるだけの技術力と信用が必要です。未経験者が初の仕事からリモートワークというのは、まず不可能に近いでしょう。

未経験で、リモートワークが最優先な方は、ITエンジニアではなく、WEBライターやデザイナー、イラストレータなども条件に入れることをオススメします。SNS経由受注も活発で、リモートワークを親和性が高いと思います。

子供がいるからリモートワークしたい」という理由で職探しする方も、しっかり考える必要があります。お子さんのそばにいることで緊急時の対応ができるメリットはありますが、落ち着いて仕事ができるかは別の話です。納期間近には、信頼できる誰かに預けてカフェやコワーキングスペースへ行く、ということもあり合えます。リモートワークは万能ではありません。

 

 

WEB系ITエンジニアの職種について考える

では、肝心の職種について見ていきましょう。

下記は主な職種についてのマインドマップです。職種(画像を選択するとフルサイズでご覧いただけます。)

WEB系ITエンジニアの職種のマインドマップです。

マークアップエンジニア(WEBコーダー)

HTML、CSSなどを使ってホームページの作成を行うエンジニアです。主にデザイナーが作った見本から、実際にWEBブラウザ(ChromeやSafariなど)で動作するコードを作成します基本的にはページ更新の無いサイト(ランディングページなど)が案件対象です。最近は動的なWEBページが主流だけに、後述のフロントエンドエンジニアと比べ、案件の単価は低い傾向にあります。

スマートフォンが広まった現在でも、スマートフォン向けレイアウトに対応していない企業さんは沢山あり、まだまだ必要とされる技術です

必要スキル:HTML、CSS、Bootstrapなど

特徴:

  • 比較的低めの学習コストで習得が可能(月額2000円程度)
  • わかりやすい言語なので、未経験者が始めやすい
    • 文字の前後に記号を付けて効果とする言語(マークアップ)
    • それでも挫折する人は、他の言語に一度触れて、HTMLの簡単さを知るといいかも
  • 副業、リモートワーク向き
    • 最初はデザインおまかせにできる個人、小規模団体へ営業する
    • 納期の短い、toB(対法人)は経験を積んでから
    • デザイン見本からのコーディングが可能になってきたらデザイナーや営業経験者とチーム開発が可能
  • 案件が低単価傾向

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、上記のマークアップエンジニアとしての技術はもちろんのこと、サーバー上で動作する言語、例えばPHPなど、またはCMS(コンテンツ管理システム)、WordPressなどの知識を駆使して、さらに対応範囲を広げたエンジニアです。お客様でお知らせの更新など、記事管理ができるシステムや、データベースからデータを取得して表示するなど、動的に変化するページも扱う為、マークアップエンジニアよりは高単価です。

動的要素の無いページは広告サイトくらいに限定される為、マークアップエンジニアの人も基本的にjavascriptスキルくらいは身につけるのが目標になるでしょう。

必要スキル:マークアップエンジニア+PHP言語、WordPress、javascriptなど

特徴:

  • 学習コストは低め
  • 努力値は高めを要求するが、未経験者でも始めやすい
  • マークアップエンジニアでは請けられない案件を受注可能
  • Ruby/Railsが出来ると更に良い案件に入れる
  • 副業、リモートワーク向き
  • CMSの保守など、引き渡し後も関係が続くチャンスがある(関係を切れないことはデメリットにもなり得る
  • 低~中単価案件が多め
フロントエンドエンジニアになりたい人へ
1.コーディングの30DAYSトライアル(東京フリーランス)
1st、2nd、 3rdと続けて学習しましょう。WEBページ作成の基礎技術はモチロン、WordPressを使ったサイト制作、WordPressテーマの自作など、実践的スキルが学べます。

 

バックエンドエンジニア

利用者に直接は見えない、主にデータやサーバの処理の構築/開発、管理運用などを行うエンジニアです。プログラマー、インフラエンジニアも総じてこちらに含まれます。

必要スキル:Java、Ruby/Ruby on Rails、Python/Django、PHP/Laravel、SQL、AWS/Azure/GCP、etc.. 

バックエンドエンジニアの技術は非常に多岐に渡る為、スキルの確認については、勝又健太さんのQiitaがオススメです。

特徴:

  • 学習コスト、努力値ともに高め
    • プログラミングとコンピュータの知識、ネットワーク知識、一見直接関連しないような知識をひと通り必要し、教材もピンキリ。
    • 独学の難易度は高い。適切なメンター(指導者)がいないと方向性迷子になる可能性はある。
    • 現役のエンジニアから意見が聞けるサービスを活用するのが近道。
    • サロン/コミュニティ、スクール、教材 etc…

 

  • 使用技術によってリモートワーク難易度は変わる
    • 当然ながら現場経験、技術(経歴)のアウトプットは必須
  • 別業種との複業はあまり向かない
    • 開発の時間が十分に取れない場合がある
    • (十分な実務経験の元なら)同業種の兼業は十分可能
バックエンドエンジニアを目指したい方へおすすめ
1.「雑食系エンジニアサロン」
学習を始めた人向け。エンジニアの方が多数おられる他、エンジニアを目指す方も参加しており、現役エンジニアである主催の勝又健太さんへの質問も可能です。学習、キャリア相談、ポートフォリオ(制作物)レビューもサポートしており、月額980円ですが、有名インフルエンサーのオンライサロンは1万円することもありますから、サロンとしては格安です。最近はポートフォリオの質が上がってきており、人事担当の評価も厳しくなってきつつありますので、現役エンジニアからレビューが貰える場所は貴重です。
2.人生逆転サロン
学習を始める人向け。研究職からプログラマーに転職成功した方が、プログラマーを目指す人向けのサロンを運営されています。学習のロードマップや教材が豊富です。
3.QUELCODE
池袋までの通学が可能な方へオススメ。現役エンジニアが講師で、HTML/CSSの基礎的なことから、WordPress、PHP、AWSの扱いまで総合的なスキルが身につきます。人材紹介の免許は無い為案件の紹介はしていないものの、企業さんと生徒さんのマッチングは積極的に行っており、運営さんも常に現場の技術を身につけられる教育について考えておられる方です。

オンラインプランは現在準備中の為、地方在住の方は上京必要なことがネック。

4.(Ruby on)Rails 30DAYSトライアル
Ruby/Railsの初学者向け。Webアプリケーション開発に興味がある方で、低コストで学習を始めたいならRailsデイトラから始めましょう。RailsはRubyの仕組みをよく知らずとも複雑なアプリケーションを作成できてしまう為、道に迷わないようにサポートしてくれます。
5.SkillHacks
Ruby/Railsの初学者向け。Webアプリケーション開発に興味がある方で、初期コストに拘りの無い人ならSkillHacksも検討に入ります。

多少のRails経験があるのであれば、自分に適しているか確認しましょう。

6.Take off Rails
macOS向けRails教材。Railsを利用したWebアプリケーション開発に興味がある方で、有料教材でも良い方はオススメ。リモートワークを実現している現役エンジニアが制作した47種の教材が付き、Slack(コミュニケーションツール)での質問が1年間可能です。ただしRuby自体の基礎学習は前述のRailsデイトラなどで補う必要があります。
7.RaiseTech
JAVA言語/AWS(クラウドインフラ)に興味がある方で、短期で実力を身につけたい方はRaiseTechを推奨します。現役エンジニアが講師なのは勿論、実際の現場で活用されている技術を教えています。AWSフルコースは私も受講しています。

色々な言語で「Hello world」という文字を表示する迄の命令、および実行結果を書いたページです。文字を画面に表示させるというのは基礎中の基礎なので、絶対ではありませんが「書きやすい言語」をある程度考えることができます。

 

バックエンドエンジニアを目指す方におすすめの書籍。2002年の本ですが、「コンピュータとは?今当たり前のコンピュータのアレコレの由来」など、わかりやすく解説しています。

コンピュータがなんなのか理解することは、プログラミングを理解する基礎にも成り、言語の理解度を高めるのにも役立ちます。プログラミングの定期勉強会を開催方なども推奨している本です。

 

フルスタックエンジニア

フロントエンドからバックエンドまでを総合して扱えるエンジニアを指します。

この定義は非常に曖昧であり、本記事は主に未経験者向けの為、説明は省略します。

 

(番外編)WEBライター

依頼元からのテーマに沿った記事を書いたり、時にはサービスを自身で体験したり、取材に行って記事を書く職種です。

必要スキル:長文執筆に抵抗のないメンタル

  • 始められる条件が比較的簡単です。
  • 募集も多く、最初は文字単価が低い状態でのスタートですが、実績に応じて価格交渉のチャンスはあります。
  • 内容が認められれば継続受注が見込めます。
  • 経験を積むと更に別のライターに外注してチェックだけすることで、受注件数を増やせます。
  • クラウドソーシングサイトでは上記のような外注依頼もありますので、参加時は内容に注意。経験目的であれば1件請けることも考えて良いでしょう。
WEBライターに興味がある方へ
1.名もなきライターさんインタビュー(東京フリーランス掲載)
自らもWEBライターで、現在はサロンやnoteマガジンの運営をされている名もなきライターさんのインタビューです。(東京フリーランスさんのサイト)

 

(番外編)WEBデザイナー

WEBサイトのデザインを担当します。ホームページの元になるデザインや、WEBチラシの作製など、範囲は多岐に渡ります。

必要スキル:Adobeアプリケーションスキル(写真、イラスト系)

  • 必ずしも画才が必要ではありませんが、イラストができる方のほうが幅は広がると思います。
  • 実際のコーディングはエンジニアに任せる人、コーティングも行う人など様々ですが、前者は会社員、後者はフリーランスとして活動の活動が見込めます。
  • デザインカンプ(デザイン見本)作成のため等、Adobeソフトの操作習得は必須でしょう。
WEBデザイナーが気になる方
1.DesignHacks
デザイン会社を経営し自らもフリーランスデザイナーとして活動されている、るちこさんが制作された未経験から始められるデザイナー学習教材です。動画教材、質問無制限、課題添削など、内容も充実しています。
2.masacaブログ
WEBデザイナーmasacaさんのWEBサイトがオススメです。今から始めたい人の情報が掲載されています。masacaさんはクローズドコミュニティ「masacaデザイン部」も運営されいます。(参加方法は非公開のようです。調べたら分かります、とか。。。)

 

(番外編)動画編集者

動画配信サイト、SNS向けに、依頼者から動画を受け取り、文字や効果、カット割りを付けた上で依頼者に提出します。

必要スキル:Adobeアプリケーション(動画系)

  • YouTuber向けが有名ですが、最近ではTikTok向けに活動している方もいらっしゃいます。
    • 単純に動画専門の業種だけではなく、講演会を編集して欲しい人、対談を編集して欲しい人などは潜在的需要としてありますので、身につけたスキルが腐ることは無いと思います。
  • ある程度の収益と投稿数が見込めるインフルエンサー等を捕まえられると安定収入が得られます。
  • ただし時間を売る仕事であることに変わりありませんので、長期的に考えると自分の下に人を育てて、チームでやっていくことも必要かもしれません。

 

方向性が決まったら、行動する

働き方、職種が決まったら、行動を始めましょう。

  • PCを用意する。
    • なるべくMacbook。中古で良い。(メモリは最低8GB、SSD256GB推奨)
    • それなりのスペックのWindowsPCがある方はそれでも良いが、Windows固有トラブルは知見が少なくエンジニアも知識が少ないので注意。

いきなりと思うかもしれませんが、マークアップエンジニア以外はMacbookがあると良いでしょう

  • 多くの言語がmacと親和性のあるOSで生み出された
  • 開発に必要なアプリケーションの統合管理環境(brew)が存在

多くのエンジニアは最初からMacで開発を始めている為、Windows固有のトラブルは質問しても解決しにくい傾向にあります。

  • 勉強を始める。

コミュニティのある教材で始めた方は、是非コミュニティに参加しましょう

今現在質問がなくても、質問用のチャンネルは時々眺めましょう。自分とは違う視点も得られ、みんなで進めている感覚は挫折しにくくさせます。

  • SNS(主にTwitter)を始める。
    • 既に始めている人は、名前やプロフィールを活動中に沿ったものに変える。
    • 今のツイート傾向を変えたくない人は新しくアカウントを用意する。

学習中の人をカモにする怪しい人も寄ってきますが、教育や業界改善を意識したエンジニアのツイートは集まりやすくなります。

  • 勉強を開始したら、宣言する。

「今日から○○始めました!」的なツイートでOKです。各講座に関係するハッシュタグがあるなら、付けておくと作者さんの目にもついて良いでしょう。

  • 実績のある人をフォローする。

教育に重点をおいている人、理由付けを適切にする人、人を悪く言わない人がポイントです。

感情をコントロールできない人は、海外では低評価が常識です。そのような人のツイートは不要です。

  • 良いツイートを見たら、感想を述べたり、コメント付きリツイートをする。

いいねだけでもいいですが、自分なりの意見を残すことで、「あなたがどんな人なのか」がだんだん他の人も伝わり、フォローしてくれる人も増えてきます。

  • 学習結果は随時発信する。

同じ学習、講座をしている人のハッシュタグを書きましょう。仲間が集まります。

「○○と繋がりたい」は悪い人も寄ってくる為個人的に好みませんがお好みで。

  • 勉強が辛い、わからないときは同じハッシュタグで聞いたり、コミュニティ、サロン(入会した人)で聞いたりする。

30分くらい悩んでいるなら当分答えは見つかりませんので、嫌いになる前にさっさと聞きましょう。

回答者から逆質問されないように注意してください

teratailもオススメです。

  • 必要であればスクール入学も検討する。
    • 卒業しただけでエンジニアにはなれない。入学中も卒業後も全力の努力が必要。
  • 卒業生がメンターをしていて、実務経験を答えてくれない
  • カリキュラムを公開していない

以上のような特徴のスクールは入っても役に立たない可能性がありますので注意してください。

ここまで活動できれば、学習のゴールもわかってくると思いますし、意見を聞くべきエンジニアの方向性も見えてくるでしょう。

 

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。ここでまとめです。

  •  なぜなりたいのかを掘り下げる。
    • 会社自体に不満が無いのなら、環境を変えられないか。
  • どんな勤務体系があるか、どうしたらできるのかを知る。
    • 未経験者が最初からリモートワークは無謀。
    • スキル的に最初からは希望の働き方ができないことはある
  • どんな職種があるかを知る。
    • どう働きたいのかによっても変わる。エンジニアではない道もあり得る。
  • 目指す職種と勤務体系、活動方針を決める。
    • 完全自己学習、指導をもらいながらの自己学習、スクール入学など。
    • 自己発信も適切に行う。(学習経過、開発物)

 

ひとこと

ただ悩んでいるだけでは何も変わりません。行動しましょう。

 

 

「仕事で使えるRails」教材ならTake off Rails

Take off Railsは「仕事で使えるRailsスキル」を重点的に教える、Ruby on Rails学習教材です。フルリモート勤務を実現したエンジニアが教える技術がここにあります。

紹介ページを見る