エンジニア就職・転職

未経験・地方住まいからエンジニア内定を取る為の5つのステップ(エンジニア就活の推奨パターン)

どうも、みーまです。

私は地方の企業でCE(コンピュータ保守員)をしていましたが、転職活動をして、AWSを扱うエンジニアとして企業から内定をいただきました。

ここでは、地方で住んだままエンジニアの内定をもらったまでの方法と、年齢別のおすすめパターンを紹介します。

こんな方にオススメ
  • エンジニア就活の方法がよく分からない
  • 就活の時点で引っ越ししないといけないか不安
  • 就活に向けて準備しておきたい

何のエンジニアになりたいかすら決まってない人は、下の記事で方向性を決めてみましょう。

コンピューター画面の画像です。
【転職成功者が語る】未経験からWeb系エンジニアになりたい人のロードマップWEB系のITエンジニアにを目指す方に向けて、職種から勉強の始め方まで分かるロードマップを作りました。随時更新中!...

内定を貰うまでの流れ

1.技術を身に着ける

私が目指していたのはクラウドインフラのエンジニアで、技術はAWSに特化したものでした。

独学は苦手なほうで、短期で効率良く身に着けたかったので、RaiseTechというスクールに通いました。

AWSのロゴ画像です
私がAWS技術の学習にスクールを使った3つの理由クラウドインフラで有名なAWS(Amazon Web Service)。私はAWS技術を学習するのにスクールを使うことを決め、実践しました。その理由とは何か?...

独学でもスクールでも良いですが、簡単なのは紹介企業への就職を条件とした無料スクールで学んだ後、すぐに現場に出て技術を磨くことですね。

まっすぐ伸びる道路
【高卒〜30歳限定】若かったらやりたかった、エンジニアキャリアの最速ルートこの記事は30歳までの若い方向けです。私がもし若ければやりたかった、エンジニアキャリアのifルートを書いています。...

2.ポートフォリオを作る

ポートフォリオとは、実力の目安となる制作物です。

私の場合はスクールの課題を進めることで制作物が作れたので、それをGitHubに公開して、ポートフォリオとしました。

ポートフォリオの例
  • Webサイト作成(フロント)
    • 自分の紹介サイト
    • サンプルページ(架空企業サイト)
  •  プログラマー
    • 自作サービスのデモサイト
    • デモサイトのコード(GitHub)
  • インフラエンジニア(すべてGitHub)
    • AWS上で動作させたRailsアプリのサンプルコード
    • CloudFormationのサンプル
    • CloudFormationで作成したリソースにRailsアプリを実行させるサンプル(Jenkins,Ansible使用)

実際にはポートフォリオを見ない企業さんもあるのですが、無いと話にならないのは事実です。

3.履歴書、職務経歴書を作る

履歴書はJIS規格のもので良いと思いますが、職務経歴書が大事です。

履歴書は今はオンラインで作れるんで、サクッと作っておきましょう。

 

転職専門系のサイトで、職業別の職務経歴書サンプルがありますので、何を書かないといけないのかを知って、情報を整理してから作ると良いでしょう。

 

内容をチェックしてくれる人がいると心強いかもしれません。私は幸いにもRaiseTechでチェックして貰えたので助かりました。

4.エンジニア専門のサイトで求人申し込みする

ここは重要なところで、総合就職サイトでは希望しない職になるリスクもある為、必ず専門のサイトで募集しましょう。

  • 求人を探しながら、何処の地域で働くかも考えましょう。
  • 各サイトでも経歴を入れるところがありますので、しっかり埋めましょう。
  • 企業さんに連絡する時は、文章にも気を使いましょう。
  • Skype(ビデオ会議アプリ)面談OKな会社もあるので、積極的に活用しましょう。
  • ちゃんとした会社は訪問面談で交通費が出ます。
    • 新幹線の往復代金を実際に貰えました。

よく「地元で就職したい」という方がおられますが、仕事は東京が一番たくさんあります。

「エンジニアとして働きたい」のであれば、「地元で就職したい」は一旦(1〜2年)捨ててください。

地域や収入の格差が広がっている日本で、経験を積む1〜2年の期間でさえも東京へ行けないのはリスクです。なんとかして行けるようにして、経験を積んだ後にリモートワークやフリーランスへの転向を考えましょう。

エンジニア就職の専門サイト
  1. Green
    • 転職限定なので、新卒は使えません。派遣、契約社員経験があるならOK。
    • 「気になる」アクションや、「スカウト」が来ることがあるので、興味があれば積極的に連絡しましょう。
    • 「もっと知りたい」アクションが来る時は、経歴に書いていないことが指摘されますので、追記しましょう。
  2. Wantedly
    • ミートアップ(説明会、イベント)などで実際に訪問して話を聞きましょう。
    • 説明会の印象と採用確度は別に考えましょう。
    • このサイトは制度上、給与の提示ができません。金額にこだわる場合はGreenにするかWantedlyを見たと言って直接応募で。

5.面談まで進んだら

服装には注意しましょう失礼のない私服か、スーツで。普段がシャツしか着ていない人であれば、せめてジャケットは買ったほうが良いかもしれません。

挨拶も勿論しっかりとしましょう。大きな声である必要はありませんが、ボソボソと話す人とは、しっかり会話ができません。聞き取りやすい大きさで。

よく聞かれる質問を準備しておきましょう。第一面接、第二面接と進んでも同じように聞かれることがあります。

よく聞かれる質問
  1. 応募した理由は?
  2. 他にも調べられましたか?その中で当社にした理由は?
  3. リーダー、または下の人を教えた経験はありますか?
  4. これまでに失敗した経験は?
    • これはそのままの意味ではありません。失敗した経験を話しつつも、「失敗して教わったこと、気をつけるように改善されたこと」を伝えるのが期待する回答です。
  5. 身に着けた技術の知識
  6. (地方住まいの方)引っ越しできますか?

特に1、2は企業さんのサイトをチェックして、共感したところの理由を用意する。丸暗記というよりはふわっと記憶して、その場で話せたほうが良いです。

5は、エンジニアが面接に応対したときに聞かれます。

6に関しては、引っ越しできないなら遠いところは申し込まないでください。

面談の結果、不採用だった場合

不採用は仕方ないことだと思いますが、必ず「不採用理由」を聞きましょう。

「今後の活動の参考にしたいので、理由を具体的にお教えいただけないでしょうか?」など。

企業さんが「どんな人材を求めていたのか」は、次に身に着ける技術のヒントになります。あなたが企業さんを諦めきれない場合は、もう一度応募することも可能です。

(おまけ)年齢別の応用パターン

おまけですが、年齢別の応用も載せておきます。

学生/新卒/第二新卒

  • (学生)インターンを狙う。
    • 給料を貰いながら技術が身につく。
    • 技術を学びながら会社のブログを書いたりでできる。
    • もちろん入りたい企業が別にあるなら期間を終えて就活して良い。
  • (学生)学生向けのサービスを活用する。
    • AWSだとAWS Educateがオススメ。
      • 学生向けの学習システム。学生と教育機関企業の求人担当が利用できる。
      • 進めたカリキュラムが実績になり、求人担当が閲覧可能。
  • 新卒/第二新卒は正攻法(エンジニア専門就職サイト)で。
    • 学生でも使えるが、Greenは新卒NGなので注意。

中途/フリーランス

  • 正攻法+ポテンシャルアピール。
    • ポートフォリオは必須。
    • 年齢が上がるほど、職務経歴書が空欄は厳しい。ポテンシャル要素の積み上げをする。
      • PJリーダー経験
      • 専門資格など
  • 過去の経歴とのマッチングが良さそうなら、フリーランスエージェントへ行き、フリーランスでもOK。
    • テスター案件は絶対に受けないこと。ほとんど実務経験にならない。
  • SNSなどで紹介、人づてに職探し。(SNS転職
    • 少ないが実際にあるので、Twitterはしておくと良い。
  • 年齢に関わらずリーダー/プロジェクト運営の経験者はどこも不足がちなので、今経験が積めそうな立場にいる方は経験しておくのをオススメします。
    • 年齢が高いほど経験していない(後輩の指導も無い)のは不思議に思われます。
  • 固めの会社ですと、資格が求められることがあります。
    • AWSならソリューションアーキテクトアソシエイト一択。
    • LinuxならLPIC-1など。
    • IPAなら基本情報技術者
    • その他、Oracle、Java資格など。
  • 年齢が高いほど、強めにポテンシャルを見せていく作戦になると思います。
    • 上のような資格がある。
    • 最低でも面談の時点で「学習中である」と言えるくらい、正しく質疑応答が対応できる。
      • 面談でエンジニアが応対すると、学習範囲の知識が実際に問われます。ちゃんと勉強してないなら書かない。

まとめ

  1. 技術を身につける。
    • 独学でもスクールでも良い。必ずできるほうを。
  2. ポートフォリオを作る
    • やる気だけで採用は新卒だけ。
  3. 履歴書や職務経歴書をしっかり作る。
    • 書類審査で落とされないように。嘘を書くのはダメ。
  4. エンジニア専門サイトで職探しする。
    • 企業訪問をたくさん行う。
    • Skype面談OKな会社もある。
    • ちゃんとした会社なら交通費も出る。
  5. 面談へ進んだら、対策する
    • よく聞かれる質問はしっか準備。
    • 服装、言葉遣いも注意。
    • 不採用のときは、理由を聞いてフィードバックする。

最後に

内容は以上です。いま勉強中の方も、求職中の方も、頑張ってください!

【PR】動画編集技術をまとめて教えます。動画編集者教材のMovieHacks

今YouTubeやTikTokなどでは、動画編集は外注したいという人が増えています!MovieHacksで動画編集技術を学んで、あなたも動画編集者になりませんか?

MovieHacksの詳細を見たい!